むずむず脚症候群は自分にしかわからないから辛い



むずむず脚症候群は、最近になってかなりクローズアップされてきている症状ですよね。

もしかしたら、今までも存在はしていたのかもしれませんが
他人から見てむずむず脚症候群の症状は一切わからないですし、自分でもどんな風に表現したらいいのかわからないようなこともあるので、見過ごされてきていたのかもしれません。

でも、そんなむずむず脚症候群を、なんと自分でやる「マッサージ」によって解決することができたらどうでしょう!
むずむず脚症候群 マッサージ
・布団の中で、足がむずむずして眠れない
・奥の方でなにかが這いまわっているような感じが気持ち悪い
・むずむずして集中できない
かきむしってしまうので、血が出てしまうことがある
・運転など、仕事にも支障をきたしている
・またむずむずが出て来たらどうしようと不安でいっぱいになる

こんな生活から早く一緒に解放されましょう!

病院に行ってもこれといって対処法が見つからず、家族や友人に説明しても理解してもらえない。
それが自分でやるマッサージで解決できるのですから、これほど簡単なことはありません。
すでにたくさんの方がむずむず脚症候群を克服しています!

むずむず脚症候群についてのドクターの解説がこちらです

むずむず脚症候群対策マッサージの手順

マッサージのやり方はとっても簡単です。足首のあたりからひざの上あたりまで、手順を踏んでマッサージしていくだけなので、そのやり方をまとめていきましょう。

1.足の裏の中心から、土踏まずにむかって親指で流してあげるようにマッサージ

2.足首を後ろから親指と人差し指でつまむようにして、くるぶしの下からアキレス腱にむけてマッサージ

3.手のひらも使って、アキレス腱あたりからふくらはぎ、ひざの裏あたりまで持ち上げるようにマッサージ

4.外側から、ひざの裏とひざのお皿の上を覆うように持ち、外側に引くようにマッサージ


この4ステップでOKです♪どの工程も強い力は必要なく、優しくエステをしてあげるようにマッサージしてください。むずむず脚症候群は、過度な運動や刺激が逆効果になってしまうという特徴がありますが、軽いウォーキングなどであれば症状が軽減されることもありますので、どうしても眠れないときなどに試してみてください。

しかし、むずむず脚症候群の根本的な原因は別にあるので、ただ単にマッサージをしたりとりあえずの運動をしていても、根本的な改善にはなかなかつながりません。では一体根本的な原因とはなんなのか?

実は、「鉄分とドーパミンの不足」が関係していたのです!むずむず脚症候群 マッサージ

マッサージ「のみ」では解決できないということなのです・・・

本当の改善には、鉄分とドーパミンが必要!

むずむず脚症候群の本当の原因は、鉄分とドーパミンの不足が関係しているのですが
中には二次的に、病気によって症状が出ることもあります。例えば、パーキンソン病やうっ血性心不全、脊髄疾患やリウマチなどの病気によって症状が発生することもあるので、二次的なむずむず脚症候群に対してはそもそも病気への治療が必要になります。

しかしほとんどの方がそうではなく一次的に、いわゆる原因不明の状態で症状が出ているはずです。
これは鉄分とドーパミンが不足していることが原因で発症しているとわかっているので、病院で治療を行う際も、鉄剤の投与や、抗てんかん薬が使われます。不眠に悩む方には、睡眠導入剤が処方されたりもします。

それなのに改善されない方が圧倒的に多いのには以下の2つの理由があります。

「鉄分」は体内でほとんど吸収されない

導入剤がないと眠れないのでは、根本的に解決してない

これらの理由から、治療を続けているのにもかかわらず多くの方がむずむず脚症候群に悩まされ続ける人生を送っています。

そこで、

脚に直接皮膚から必要な成分が吸収されるような夢のマッサージクリームが開発されました!
すでにたくさんの方を救ってきた実績のある夢のようなマッサージクリーム。根本的な原因を解消するためのすべてをカバーしたクリームが、どんな理屈で効果を出してきたのか?

とにかく早く解放されたい方、もう脚のむずむずの恐怖はこりごりだという方、根本的に改善したい方、治療したのに治らなかった方は必ず衝撃を受けると共に、むずむず脚症候群から解放された最高の喜びを得られることでしょう!

むずむず脚症候群専用マッサージクリームがついに開発!

先ほどのマッサージ方法を、むずむず脚症候群専用に開発された「HQLスムージングマッサージクリーム」を塗って行うことで、バツグンの効果を得られます。すでにたくさんの使用者の喜びの声がどんどん寄せられている状態なので、公式ページで確認してみてください。
≫すでにむずむずを解消した方の声をみてみる≪

ドーパミンが不足すると、身体の感覚を脳に伝える機能がうまく働かなくなり症状が出てきます。
そして、鉄分がそのドーパミンの材料となっていると共に、機能を助ける役目も担っているので
鉄分が不足するということは、そもそもドーパミンの合成量が少なくなる&機能が働かなくなるということなので、一番重要なのは「鉄分」を効率よく吸収して、不足状態を回避することなんです。

しかし鉄分を食物から摂取したところで、ほとんど吸収されないから困るのです。

そこで考え出されたのが「HQLスムージングマッサージクリーム」

クリームには当然、鉄分が豊富に含まれており
それをサポートするビタミン郡や葉酸、カルシウムなどのミネラルも配合されています。
むずむず脚症候群 マッサージ

それを肌に塗ったからって吸収はしないでしょ?
と思ったアナタ!


確かにふつうは吸収できません。

しかし、これらの成分をナノ化(超微粒子化)したことにより独自のブースター機能で
肌からグッと浸透させることが可能なのです。

すでにたくさんの方がむずむず脚症候群から解放されたとう実績が、なにより効果を物語っています。

使ってみて、もし気に入らなければ10日間の返品保証制度もしっかりついているので

何も気にせず眠れるようになりたい。
いつむずむず来るかビクビクするのはもう嫌。
とにかくストレスから解放されたい。
というアナタ!

先ほどのマッサージ方法をこの「HQLスムージングマッサージクリーム」でぜひ実践して、早くストレスフリーな生活を手に入れてください!



むずむず脚症候群 マッサージ

むずむず脚症候群の診断方法

むずむず脚症候群はその学名を「レストレスレッグス症候群」といいますが、自己判断だけで自分や身内がむずむず脚症候群だと判断するのは尚早です。

【むずむず脚症候群の診断基準】

稀に、病気を含めてほかの原因が隠れていることがあるので、一度レストレスレッグス症候群の診断基準を確認しておきます。

国際的な研究グループによれば、以下の4つの項目をすべて満たしている場合にむずむず脚症候群の可能性があると判断されるようです。

@「不快な下肢の異常感覚」または「異常感覚」が原因となっ、て脚を動かしたいという強い欲求が起こる

A上記の異常感覚が、「安静状態」「静かに横になったり座ったりしている状態」で始まる、あるいは増悪する

B異常感覚が運動によって緩和される

C異常感覚が、日中よりも夕方や夜に憎悪する

この4つの基準が教科書的なむずむず脚症候群の症状ということです。

むずむず脚症候群 マッサージ

あくまでも可能性の話ですが、運動によって改善されなかったり、朝からずっと一定の感覚だとすると、もしかしたらむずむず脚症候群ではない他の何かという可能性もある。ということを頭に入れておく必要がありそうですね。

さらに4つの診断基準の補助的な要素として

・家族にむずむず脚症候群の人がいる(遺伝的要因)
・ドーパミン薬を投与すると症状改善される
・勝手に脚がピクピクすることがある(周期性四肢連動)


という項目が挙げられ、ここにも当てはまるとさらにむずむず脚症候群である可能性は高まります。

確かに鉄とドーパミン不足が原因とわかっているのだから、ドーパミン薬投与による改善がみられたらかなり信ぴょう性がありそうです。

代謝に関わる部分なので、遺伝的な要因や、家族で同じような生活様式だということも関係しているのでしょうか?

むずむず脚症候群 マッサージ



【むずむず脚症候群の病院での検査方法】


@血液検査

むずむず脚症候群の大きな原因とされている鉄の不足を検査します。さらに健康状態も一緒に確認することができますね。

Aフェリチン検査

フェリチンとは鉄が体内に貯蔵されるときの形で、要は、体内にどれくらい鉄を貯蔵できているのか?という検査です。血液中に含まれる鉄とはまた違う形があるんですね。

むずむず脚症候群 マッサージ

B睡眠検査

1泊の入院で、睡眠時に脳波や筋電図に異常がないか、四肢の動きなどを確認します。

またこれらのほかに、イスに座った状態で両ひざをまっすぐ伸ばして5分キープさせる。という検査をやったりもします。5分やるたびに感覚や不快感を確かめる方法なのですが、何も問題ない人でもキツそうですね。

むずむず脚症候群を放っておくとどうなる?

むずむず脚症候群は治らないと思っていた、または治療も上手くいかず、もう上手く付き合っていくしかないと思っている方もいるでしょう。

むずむず脚症候群をずっと放っておいて大丈夫なのでしょうか?

何か病気よって脚の感覚異常を起こしているものでなければ(一次性)、放っておいても直接的に生死に関わったりするような症状ではありません。

むずむず脚症候群

ただ

周期性四肢連動が起きて、寝ているときも脚が勝手にピクッと動いてしまったりするとなかなか深い眠りにつくことも難しくなってしまいます。

人間は本来睡眠によって体力やダメージを回復しているので、それが難しくなるということです。

そこから、日中もダルさが抜けなかったり免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりということにつながる可能性は多分にあります。

さらにはじっとイスに座っているときなどにむずむずする感覚が起こりやすいので、仕事の会議中や、どうしても動くわけにはいかないときこそ大変なのもまたむずむず脚症候群の特徴です。

精神的なストレスにもなりますし、ひどい人だとそこから「うつ状態」にも発展しかねません。

むずむず脚症候群 マッサージ


何か他の疾患などによって症状が出ている場合(二次性)はその根本的な原因を治療しないことには治まりません。

パーキンソン病や、鉄欠乏性貧血、うっ血性心不全などの病気であればまずはその治療を最優先してください。

むずむず脚症候群に対する病院での治療

なぜ病院でも治療ができるのに、むずむず脚症候群専用のマッサージクリームが超話題になるのでしょう。

病院でのむずむず脚症候群に対する治療のやり方としては2段階あります。まず最初の段階では、薬などは使わない方法にです。

・要因薬剤の中止(ドーパミン遮断薬など)
・カフェインやアルコールの制限指導
・睡眠指導(規則正しい生活)
・行動療法指導(マッサージ、お風呂など)


といった項目を試していきます。

よく見てみれば
全て自分でも気を付けることができることばかりです。

病院の先生にしっかり指導してもらえば、やる気も出るかもしれませんが、自分でできるなら費用もかかりませんし一番良いはずです。

病院でもマッサージを指導しているので、むずむず脚症候群に対して有効であるということがわかります。

ただ単にマッサージしているだけでは根本的な解決にならないので、鉄不足にも対応できるマッサージクリームが必要になってくるんですね。


薬を使わない方法で良くならなければ2段階目に入ります。

・鉄剤投与
・ドーパミン治療
・睡眠導入剤


むずむず脚症候群 マッサージ

といった薬物療法がとられることもあります。

特に睡眠導入剤などは、どうしても眠れないときは必要だと思いますが、いつまでもそれに頼っているわけにはいきません。

一生根本的なむずむず脚症候群が解決しないまま過ごすことになるので、どこかで薬物に頼らない生活ができるように手を打たなければなりません。

一生病院に通うのが苦にならないのであればそれでいいと思いますが、費用的にも時間的にも、家で自分でできるマッサージでむずむず脚症候群が改善できればベストですから

ご自身が困っている、大事な人が困っているというのであれば

ぜひ早めにマッサージクリームを取り入れてください。




むずむず脚症候群を取り上げた番組→こちら